KJ(KIRIKO J'adore)工房について

KJ工房は、江戸切子の技法をベースとするガラス工芸品を製作しています。

色ガラスを重ねた被(き)せガラスに精緻なカットと丹念な手磨きで美しいデザインと輝きを創り出します。

ガラス生地の種類は豊富で、ぐい吞みや各種グラス、お皿、水差し、ランプシェード等、身の回りのガラス製品すべてに美しいカットが施され、生活に潤いを与えます。

普段着の贅沢で、身の回りに切子コレクションに囲まれた空間が、癒しと楽しい気づきの生活に役立つことができればとても嬉しい限りです。

 

KIRIKO J'adore (切子大好き)と言っていただけるように、KJ切子コレクションに新作を追加していきますのでよろしくお願いいたします。

カットを待つ被せグラスたち

カットマシン

ロックグラス「風」の製作風景